FC2ブログ

三週間振りの師匠稽古

 長宗師匠が能公演準備で多忙のため、前回稽古から3週間ぶり。

 仕舞「殺生石」は詰めが甘く、 師匠 「次回もう一回!」
 気温が高くなり、この曲は一回舞うと汗が ブワッ!

 素謡「朝長」は3回目・後シテ出端からキリ。   この曲、本日でひとまず終了。 
 故・関根祥雪(祥六)大先生が大変好まれた曲とかで師匠の教えも熱が入りました (^_-)-☆ 前シテが青墓の長者(女性)、後シテが源義朝の子・朝長の構成で、曲前半と後半とで別人格なる点が特殊な曲です。 前場の繊細な表現に、特に難しさを感じました。後ろ場では公達物? と、少し張って謡ったが、いわゆる公達物の修羅的表現では拙いようです。   父義朝が子の朝長を殺したとの説もありますが、この曲では朝長は自死。 いずれにせよ子に先立たれた親の心が痛ましい。 関根大先生も子の関根祥人師に先立たれているなど、現実世界の出来事も重なって、いやがうえにも気分は盛り上がるのですが、心では理解すれど体(声)が伴わずです。

 さて、話題は変わって、我が水彩画の現状。  現在、 江汐公園の桜と松に取組中。

 かつて見事な松が褐色! 枯れ死状態!  せめて絵の中では悠久の緑に蘇らせて供養と取り組んでいますが、 元気であった頃の色形を思い起こせない(´・ω・`)  褐色を緑青に脳内変換 更に用紙に描写しようと 苦戦しています。
 下の写真は、その松が元気な時の様子。 部分画像しかないのです (-_-)

 20180517ejio.jpg

 


♥いつも ポチッと ありがとうございます♥

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cyorusan

Author:cyorusan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
フリーエリア
コンパクト月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR